無二無三に斬り

8 の例文 (0.00 秒)
  • いや、それはかはしたところが、三にてられるうちには、どんな怪我けが仕兼しかねなかつたのです。 ...
  • いや、それは身をかわしたところが、無二無三むにむさんに斬りたてられるうちには、どんな怪我けがもしかねなかったのです。 ...
  • いや、それは身をかわしたところが、無二無三むにむざんに斬り立てられる内には、どんな怪我けがも仕兼ねなかったのです。 ...
  • 不意のことに、動揺するのを見てとって、城内の上田うえだ勢は城門をひらいて突出して、これまた俊景としかげの本陣に無二無三むにむさんりこんだ。 ...
  • ところへ、先に庭先へ投げすてられた万太郎が、跳ね起きてそこへ来るなり、最前の相手と見ましたから、 「おっ、居たかッ」 とおめきながら、前の手痛い目も忘れて、無二無三に斬りつけてゆきます。 ...
  • 思わずたじろぐ上杉侍に、千馬三郎兵衛、岡島八十右衛門が、無二無三に斬りこんだ。 ...
  • 民部みんぶはその姿をおって、 「おのれッ」 三にりつけようとしたが、佐分利五郎次さぶりごろうじにささえられ、じゃまなッ、とばかりはねとばす。 ...