無くす

全て 動詞
329 の用例 (0.00 秒)
  • 機体コンセプトは可能な限りの空気抵抗を無くすことを目的としていた。
  • そんな人を無くしてしまうように、みなさんは学問をしなければならぬ。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • すべてを失い生きる望みも無くした彼は、不思議な老人に声をかけられる。
  • 彼女は意識を無くして運ばれた入院先で半日ももたずに死んだそうです。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • アメリカでは薬物による死刑執行時に意識を無くす薬物として知られる。
  • それは十字軍がここを回復して、拠点とするおそれを無くすためであった。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • 今まで鍵をにぎめていた指は鍵を無くしそのままこぶしとなっていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録08 刃を砕く復讐者(上)』より引用
  • 命を無くすとはいえ、王はその時点で既に十分な時間を生きている。 同人『十二国記』より引用
  • 銭石山はお柳が二人の話にだんだん興味を無くし始めたのを感じたのであろう。 横光利一『上海』より引用
  • いったい、幕府軍が戦う気を無くした原因はどこにあるのだろうか。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • それを無くしてしまい、わしのところに泣きついて来てもはじまらんよ。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 生きていく術を無くした彼女は徐々に自分の身を男達に投じていくようになる。
  • 人がたまに表情を無くして、ぼんやりしているというのはよくあることだ。 森瑤子『望郷』より引用
  • ツラヌイには新しい携帯電話があり、俺はなんでか携帯を無くしている。 奈須きのこ『DDD JtheE』より引用
  • 美鈴に石を渡そうとしたが、無くしてしまったことに気付き大泣きする。
  • これより先に延びて行くことは、詩という言語を空無の中に無くしてしまう。 萩原朔太郎『詩の原理』より引用
  • これは情熱を失い自由な精神を無くす人々を見た彼の気持ちを反映している。
  • 両親を幼い頃に無くし、彼女は幸せというものをあまり知らずに育ってきた。
  • はやく無くしてしまいたかったが、その相手を見付けることができない。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • この一件から程無くして、対戦車犬は実戦の場から姿を消している。
  • 次へ »

無くす で始まる単語