無ぃ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 私は女房を道具と思っていたが、女房にとっては、私は道具で無かった。 ...
  • それは一つは不幸にしてそういうことを学んでいる暇が無かったのだ。
  • 他にそういう話をする人が名古屋に無かったからだろうと思われます。 ...
  • そんな言葉で、今までしたことを無しにできると思っているんだろうか。 ...
  • 世の中にあの星の光が私を導いてくれるような貧しい家は無かったのか。 ...
  • 日本人は一体に表情的でないので、我々は彼等に感情が無いと想像する。 ...
  • 人の経験というものの力なさがその時ほど彼を嘆息させたことも無かった。 ...
  • 二人が相擁あいようして死を語った以後二十年、実に何の意義も無いではないか。 ...
  • 私ほど勉強したものは無かったろうから、私は勉強で生きていたのだ。 ...
  • 小丘の上に立っていたはずの塔は昔から無かったように残骸すらなかった。 ...
  • 私のこんな妙な性質は説明したところでなかなか理解しては呉れ無いのよ。 ...
  • 新橋行の二等室の内に腰掛けてからも、二人はあまり話す気が無かった。 ...
  • これまでと夏の間に、さういふ金目の物は、皆無くなつてゐるのである。 ...
  • その村には以前には無かったものが附け加えられているように見えた。 ...
  • で、坐つてゐて出来る仕事は無からうかと思ひついたのが絵の道である。 ...
  • すこしもまだ彼女の様子には人の目につくような変ったところは無かった。 ...
  • 実際的な、又は肉体的な苦しさは、あまり無かったのではないだろうか? ...