災難に遭う

22 の用例 (0.00 秒)
  • 何で私はイギリスくんだりまでやって来て、こんな災難に遭うんだろう。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • さいわい公爵夫人のおかげでこうした災難にわないですんだのだ。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • それは死すべき人間を見守り、かれらが災難に遭わぬようにしている。
  • そんなふうに、まるで自分の方が災難に遭ったかのように、彼女は語るのだった。 山田詠美『姫君』より引用
  • 災難にった直後に不吉ふきつな色を見せられれば、誰だって不安な気持ちになる。 喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』より引用
  • 誰しもいつどんな災難に遭うかわかったものではありません。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(七)』より引用
  • 慶義あんつぁまって人は、よくよく災難にう人だと、あんたも思わんかね。 三浦綾子『母』より引用
  • あの日とまったく同じといっていい災難にって、祐巳の思考能力もまたぶっ飛んだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • たとえ運命を予知できなくても、備えをしておくとおかないとでは、災難に遭っても結果は違ってくる。 講談社辞典局編『日英対照実用ことわざ辞典』より引用
  • 中学三年の春に、死にたくなるような災難にった。 阿部牧郎『誘惑街の女たち』より引用
  • 災難に遭ったということは、罪があったという証拠だ。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 人はいつ何時どんな災難に遭うか知れない。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 以前、ビル荒らしの災難に遭ったときに捜査を担当した、所轄署のベテランだ。 浅田次郎『姫椿』より引用
  • どうした安麻呂、飛んだ災難にったというではないか。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • その少女達の輪へ入ったジェニファーは、そこで様々な災難に遭いながら、謎を解いていく。
  • 中世の京都は災害や盗賊などの災難に遭う可能性が高かった。
  • 大体が、事件そのものは、世間で嫌な奴と思われている男が災難に遭ったので、いわば自業自得の感がある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 08 白萩屋敷の月』より引用
  • 最初の女房は一年少々で交通事故、二人目は昨年、イタリアを旅行中に、不慮の災難に遭った。 平岩弓枝『風祭』より引用
  • だが悪いことは続くもので、折から開戦した日露戦争のために行われた軍馬徴発の対象となり、馬車鉄道の動力である馬を全部軍馬として持って行かれてしまうという災難に遭う。
  • 同社のCMに起用された一流アスリートが災難に遭うという。
  • 次へ »