灰燼

全て 名詞
649 の例文 (0.01 秒)
  • 敵がもし由比ヶ浜から上って来たら、このあたりは灰燼かいじんに帰してしまう。 ...
  • 第二次世界大戦では徹底した爆撃にあい市内中心部はほぼ灰燼に帰した。 ...
  • 灰燼に帰した広島の家のありさまは、私には殆ど想ひ出すことがなかつた。 ...
  • たとえ、そのために、もう一度、すべてが灰燼に帰することがあっても。 ...
  • 灰燼かいじんに帰した広島の家のありさまは、私には殆ど想い出すことがなかった。 ...
  • この火事はまもなく抑えきれなくなり、143棟の建物が灰燼に帰した。 ...
  • この攻撃により26軒から火災が発生し、街のほぼ全域が灰燼に帰した。 ...
  • しかし境内は激しい沖縄戦の中で鳥居を残し全てが灰燼に帰してしまった。 ...
  • 火焔天にみなぎって京の町すべてを灰燼に葬ろうってな勢いでがしょう。 ...
  • かくのごとくにしてわが長崎医科大学は戦に敗れ、灰燼に帰したのである。 ...
  • やがて両者の対立は内戦を勃発し、疲弊していた世界の多くが灰燼に帰した。 ...
  • 江戸の六割が灰燼かいじんに帰し、焼失した大名屋敷だけでも百六十軒に及んだ。 ...
  • 明軍に占領された大都は灰燼に帰し、中国史における元朝はここに滅びた。 ...
  • 雪の中に灰燼かいじんがひろがり、なお鼻を刺す煙さえただよっておりました。 ...
  • 破壊の限りを尽くす彼らだったが、最後に巨大な大爆発が発生し全てが灰燼に帰す。 ...
  • イジドアと地球に住む何千何万の特殊者が、ひとり残らず灰燼の山に近づいている。 ...
  • すべてを灰燼かいじんに帰して立ち去るのがおまえの身の安全のためだ。 ...
  • 次へ