火計

67 の例文 (0.00 秒)
  • 鬼王丸と戦うにあたって用意した策が、火計だけということはあるまい。 ...
  • ここに立って初めて、玄徳は陸遜の遠大な火計の全貌を知ったのであった。 ...
  • 僧兵団の追撃を受け、彼らを火計に陥れたところまでは覚えている。 ...
  • また家ではその未明、孔明得意の火計の策が小火ぼや騒ぎを起こした。 ...
  • それゆえに彼らは火計のことを失念した。 ...
  • 景行の火計によって陣形を崩した僧兵たちを斬り伏せるのは、容易だった。 ...
  • 本作品以降の無双シリーズでは、火計を受けた軍団の体力が時間経過とともに減少していくようになった。 ...
  • 将門たちの一行が、火計によって妙見衆の僧兵団を壊滅させたのは昨日未明のこと。 ...
  • 風筝とやらを使った火計は、実に見事だった。 ...
  • それは景行の火計が彼に負わせた傷だった。 ...
  • 兵法の心得がある者ならば、誰もが火計を疑う地形である。 ...
  • 腐っても八門関は卯軍の砦であり、卯軍の砦には敵の火計に際してもそう簡単には類焼を許さぬ構造というものがある。 ...
  • 保憲は、この場所に前もって火計の準備を整えていたのだ。 ...
  • しかし、その時に陸遜は蜀軍の陣が火計に弱いと見破った。 ...
  • これはウィリアム・カッシンガムの艦隊による増援が到着したさいの包囲軍が攻撃および火計を受ける可能性があること想定してのことであった。 ...
  • その上、火計はまったく失敗に帰し、蜀軍の敗亡惨たるものだった。 ...
  • この策略は各シーンごとに火計・爆裂・落石・伏兵の4種類が自動的に選ばれる。 ...
  • 次へ