火花が散る

178 の用例 (0.00 秒)
  • 周囲が暗いため、まるで目の前で実際に黄色い火花が散ったようだった。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第二巻』より引用
  • 一瞬なんのことかわからなかったが、次の瞬間頭の中に火花が散った。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • はげしい決意に、藤吉郎はからだ中から火花が散るような思いであった。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • 腹が立って、手に持ったままの杖の先から、赤や金色の火花が散った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • スーインの眼には、Dの周囲で間断ない火花が散っているように見えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • 見れば、白の武神の前面、わずか数十センチの位置で火花が散っている。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • 眼前に火花が散ったかと思ったとき、頭が肩のうえでがくりと落ちた。 R・E・ハワード『不死鳥コナン』より引用
  • そこにはまた近い所に、きんの砂を 振りいたように、火花が散っている。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 全身の気を掌に集めているにもかかわらず、下半身の奥に火花が散りはじめた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 4 東征の巻(上)』より引用
  • 言っていることは何気ないのに、二人の間には火花が散っているようだった。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 激しい金属音と共に火花が散り、拳銃は大きくゆがんで使用不可能になった。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • 第三の護衛 己もなんだか目の前に 火花が散るようで、好く見えなかった。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 内部で溶接の火花が散っているのが見え、鉄の焦げる匂いが鼻をつく。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • これから二人の間で火花が散るのはわかりきったことだった。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • 近接武器で敵を攻撃すると、自分とは反対側に火花が散ってリングが発生する。
  • 片手に持っている杖を持ち上げると、その先端から白熱した火花が散った。 エディングス『マロリオン物語04 禁じられた呪文』より引用
  • 麗子の眼前で激しく火花が散り、次の瞬間、銀の板は床に突き刺さった。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 銀髪に包まれた後頭部が俺の鼻筋に衝突し、目と鼻の奥に火花が散る。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る 「禁じられた数字」 (角川書店 The Sneaker 2003年08月号 P114 129)』より引用
  • たがいにあいての腹を読もうとするのか、見交わす目と目に火花が散る。 横溝正史『人形佐七捕物帳 14』より引用
  • 顔前にすさまじい火花が散るのを目撃した彼女は、足をとられてよろめいた。 R・E・ハワード『不死鳥コナン』より引用
  • 次へ »

火花が散る の使われ方