火災により全焼

14 の用例 (0.00 秒)
  • しかしこの写真に残る建物は、1940年1月、火災により全焼してしまう。
  • 先代の旧校舎は原因不明の火災により全焼した経緯を持つ。
  • しかし戦後GHQに接収され、その管理下にあった1950年に原因不明の火災により全焼した。
  • 第二次世界大戦後の1962年2月5日、火災により全焼、そのまま閉館した。
  • 上記の通り、1874年本丸および二の丸での火災により全焼したことから、現存はしていない。
  • 元々この地には本丸御殿があったが火災により全焼、1877年跡地に広島鎮台司令部として建設されたものである。
  • 本殿は、国の重要文化財に指定されていたが、2008年5月23日に火災により全焼した。
  • 宝永8年の火災により全焼したが、正徳4年に再建された。
  • 文化3年に社殿が風波にさらわれ流出し、再建するも文久元年火災により全焼した。
  • その後、1946年5月29日に経堂工場の火災により全焼したデハ1356の復旧工事の際に機器を流用することになったため、しばらく休車となった。
  • しかしながらそれから1年を経た1962年2月5日、同館は火災により全焼、そのまま閉館した。
  • また、神奈川県横浜市金沢区には1917年頃に建設した別邸「二松庵」があり、横浜市指定の有形文化財として月1回の一般公開もなされていたが、2013年10月16日に発生した火災により全焼した。
  • その後この劇場自体、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼したが、その都度再建がなされ、「不死鳥」の名にふさわしい歴史を誇る。
  • 同年に発行された『映画年鑑 1963』によれば、前年2月5日、水間座が火災により全焼、そのまま閉館しており、水間座・岸見東映の2館の閉館により、同市内の映画館は、貝塚東映となった同館、八千代館、貝塚劇場3館のみになる。