火災で全焼

30 の用例 (0.00 秒)
  • その後安政6年に火災で全焼、明治になって現在の堂宇が再建された。
  • いまから十年ほど前、西本さんの事務所が漏電による火災で全焼したことがある。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • 現在の社殿は昭和49年に火災で全焼した後、再建されたもの。
  • 以前は門司駅構内に所在していたが火災で全焼したため、現在地に移転した経緯がある。
  • 広隆寺は弘仁9年の火災で全焼し、創建当時の建物は残っていない。
  • 折しも岩見沢駅舎が2000年に火災で全焼した事もあり、駅舎再建・周辺再開発を柱とした中心市街地活性化事業が行われている。
  • 駅舎は2005年11月6日に火災で全焼したが、その後バリアフリー対応の新駅舎として再建された。
  • 平成18年にいちど火災で全焼したが、その後再建される。
  • その後1999年に火災で全焼するなど紆余曲折があったが最終的には、深圳市で軍事テーマパークとして使われることになった。
  • かつては日岡山の当社のほか、居屋河原にも日岡神社があり、兄弟社とされていたが1969年に火災で全焼した。
  • これらは、車番からも明らかなように1945年7月7日の火災で全焼しその後復旧された車両が電装解除の対象となっている。
  • この客殿は天和2年の火災で全焼しているが、障壁画は大部分が助け出され、現存している。
  • 退職後は転覆しない安全ヨットの設計と自伝の執筆に時間を費やしたが、1977年に自宅が火災で全焼、多くの個人記録や技術資料が失われた。
  • 後の安政4年9月、諏訪神社火災で全焼した諏訪社能舞台の再建の発起人の一人に擬せられる。
  • 寺は明治33年の火災で全焼した。
  • 当初は天満山の西麓に位置し境内に如法経堂という堂があったが、寛文年間に火災で全焼した。
  • その後、久安6年にも火災で全焼したが、この時は比較的短期間で復興し、永万元年に諸堂の落慶供養が行われている。
  • これらは基本的に車籍は被災車のものを継承しており、そればかりか、中には火災で全焼し一旦廃車として手続きしたものを撤回して、車籍の復活手続きをとった上で、改めて改造として届け出るというプロセスを経ることで、実質新造としたものも複数含まれていた。
  • 大名倉発電所は戦後中部電力が継承し、同社の手により1955年5月に廃止されたが、実際には中部配電時代の1948年9月に火災で全焼して以降放置されていた。
  • 翌4月に女子医専校舎は火災で全焼し、秋田県は女子医専の医科大学昇格を断念した。
  • 次へ »

火災で全焼 の使われ方