火事で全焼

39 の用例 (0.00 秒)
  • 寺は1913年の山火事で全焼し、現存の諸堂はそれ以後の再建である。
  • 江戸時代と明治時代の計2回、火事で全焼したが、明治8年に再建された。
  • 本当は火事で全焼している可能性だって無い訳ではないのですが。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • 文久三年、虎三郎が満三十五歳のとき、長町にあった小林家は火事で全焼している。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 善養院は寺伝によれば、万延元年2月と明治5年の2回、火事で全焼した。
  • 防衛庁長官在任中、私邸が放火による火事で全焼する被害に見舞われた。
  • しかし、2007年4月10日に建物は火事で全焼してしまった。
  • 次の日、野球部の弱さを考えるとそのあまりにも高い目標に落胆する主人公だったが、野球部の部室が火事で全焼してしまい、部は解散となってしまう。
  • スタンドが木製だったため、1894年8月6日に火事で全焼してしまった。
  • 東京下町に持っていた紡績工場は大火事で全焼し、右代宮家は一瞬にして主だった親族と財産を丸ごと失ったんだそうだ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • せっかく合格できて喜んでいたのに、学生寮がくせいりょうが火事で全焼した。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑧』より引用
  • その後は政府に買い取られ、第一次世界大戦中に軍隊の施設として利用され、戦後一般公開が再開されたが、1936年11月30日に火事で全焼してしまった。
  • 初代駅舎は地元観光物産館との合築で、古民家風の屋根が特徴的であったが2007年4月28日に起きた火事で全焼した。
  • その熱心さは、至時の家が火事で全焼した翌日にも、焼け跡で剛立や重富と暦学の議論を行うほどであった。
  • 女子大生・みずきは大学入学2日目にして入居したばかりのアパートが火事で全焼するというハプニングに見舞われ、キャンパス内でテント暮らしをしていた。
  • この多宝塔は2002年3月19日、移築先の山火事で全焼した。
  • 経営していたちゃんこ料理店を赤字のために閉店し、自宅アパートが火事で全焼し、自身の死から1年後には一家の大黒柱の死で将来を悲観した未亡人が2人の娘を道連れに一家心中する事態まで起こった。
  • 「耐火構造」のはずだったエル・パソ・デ・ロブレス・ホテルが火事で全焼した。
  • 地元の実業家E・P・カーペンターによるもので、20世紀初頭に火事で全焼した。
  • 宝暦4年に三蔵火事で全焼した長岡城本丸が再建完了する。
  • 次へ »