濡らそ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 上からも下からも熱が押し寄せ、歩いているだけで汗がシャツを濡らす。 ...
  • 夜になって音もなくあたりをびしょびしょに濡らす春の雨が降っていた。 ...
  • 殺される者が涙で頬をらしているのを見るくらい悲しいものはない。 ...
  • 子供たちが靴を濡らしてはいって来ると真っ赤になって怒ったものなのに。 ...
  • なんですねえ、かたきのうちへ来ても口をらさずに帰るものではございません。
  • 静ちゃんがらして納屋なやに掛けたまま持ってくるのを忘れたんですって。 ...
  • 緊張した表情で、水で濡らした指先を、三枚の切手の上へ持って行った。 ...
  • また、苔や敷石などを濡らすことで表情を作り庭を演出する効果もある。 ...
  • そのために君のお尻を濡らしておいたんだが、気が付かなかったかい。 ...
  • すると例の青年が私の部屋の前で、雨に髪をらしたまま待っているのだ。 ...
  • しかし肩からの出血は止まるわけもなく、彼女の体をらし続けている。
  • 涙は枯れることを知らず、後から後からこぼれ落ちて頬を濡らし続けた。
  • 杯にまだ残っていた酒が、ズボンをらしたが浩一はこうとはしない。
  • 汗っかきの彼は、それだけの動作で既に禿げ上がったひたいを濡らしていた。
  • 窓ガラスを濡らしていく冷たい冬の雨を、私は意味もなく眺めている。 ...
  • 何人のボクサーがやられ、何人の空手家がズボンをらしたであろうか。 ...
  • 突き蹴り前進の際には、床を濡らす汗で転倒することさえあったほどだ。 ...