濃い鈍色

12 の例文 (0.00 秒)
  • 源氏のほうは中将よりも少し濃い鈍色にきれいな色の紅の単衣ひとえを重ねていた。 ...
  • 亡き妻への哀惜の心が、いつまでも濃い鈍色をまとわせるのだった。 ...
  • ひさしぶりに再会した夜、二条は濃い鈍色にびいろの衣裳をまとっていた。 ...
  • 濃いにび色の紙に書かれて、しきみの枝につけてあるのは、そうした人のだれもすることであっても、達筆で書かれた字に今も十分のおもしろみがあった。 ...
  • かつての葵の上のときよりは、更にいっそう濃い鈍色にびいろの喪服を、源氏はまとっていた。 ...
  • 姿のよいきれいな童女などの濃い鈍色の汗袗かざみの端とか、後ろ向きの頭とかが少しずつ見えるのは感じよく思われたが、何にもせよ鈍色というものは人をはっとさせる色であると思われた。 ...
  • 濃いにび色の単衣ひとえに、萱草かんぞう色の喪のはかまの鮮明な色をしたのを着けているのが、派手はでな趣のあるものであると感じられたのも着ている人によってのことに違いない。 ...
  • 遺族は死者との関係性に従って定められた喪に服すが、両親や夫に先立たれた場合は特に長い期間喪に服し喪服もより濃い鈍色のものを着る。 ...
  • くれないに黄ばんだ色のはかま単衣ひとえ、濃い鈍色にびいろうちぎという衣裳である。 ...
  • 濃い鈍色にびいろ直衣のうし姿である。 ...
  • 紅の黄がちな色のはかまをはき、単衣ひとえ萱草かんぞう色を着て、濃いにび色に黒を重ねた喪服に、唐衣からぎぬも脱いでいたのを、中将はにわかに上へ引き掛けたりしていた。 ...