澄みきろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 完全に回復した頭の中は、一点の雲もない青空のように澄みきっていた。 ...
  • ただ恋に狂うているはずの、彼のひとみばかりは、やいばのように澄みきっていた。 ...
  • まるでシインと澄みきってまわっている独楽こまのように見えたことだろう。 ...
  • そのあいだの海は、水底の魚の影さえ認められるほど澄みきっていた。 ...
  • 空にはこうこうと冴えた、澄みきった月があるほか、一点の雲も見えない。 ...
  • 近々と、薄い闇を通して、あの人の、美しい澄みきった眼が見えました。 ...
  • 澄みきった水の底に泳ぐ魚の見える、そんな感覚をよびもどしたかった。 ...
  • そのとき空気は澄みきっていたし、彼の足のはこび方もはっきり見えていた。 ...
  • そして、その澄みきった深淵のなかに貴方の矢は吸いこまれてゆくのだ。 ...
  • その上には澄みきった青い空があり、さらにその先には、ゴモラがいる。 ...
  • そのたびごとに彼らは水を調べたが、水はいつも水晶のように澄みきっていた。 ...
  • こんなに空が澄みきっていなかったら、むろん雲だと見ただろう。 ...
  • 確かに、いつも白い煙を吐いていた床屋のあたりの空気は澄みきっている。 ...
  • 葉を落とし終えた広葉樹林の梢の先に澄みきった深い青空が広がっていた。 ...
  • 瞳は強い決意の光に満ちており、その色は清らかに澄みきっている。 ...
  • 身と剣の一如の動きに澄みきった真空を感じることができないのだ。 ...
  • 頭が澄みきっていて、とじた目がすぐパッチリ開いてしまうのである。 ...