漸次変化

5 の用例 (0.00 秒)
  • また、思想内容の変遷は漸次変化するものであるから、明確な時間で区切ることはできないとする学説も存在する。
  • また集団の支配的な精神態度も漸次変化し、以前とは異なる領域の習性や性向を、公認の生活様式における正当で権威あるものにした。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用
  • 人間の制度や資質のなかで生じたり、生じつつある進歩は、大まかに言えば、人間の生活が営まれる社会の成長や制度の変化とともに漸次変化してきた、環境に対する諸個人の強制的な適応の過程と最適な思考習慣の自然淘汰とに帰することができよう。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用
  • このヒラマキガイの殻の漸次変化に関する研究は、1859年のチャールズ・ダーウィンが出版した『種の起源』を確認した最初の発見であった。
  • 血管の密度やその他の細かい性質が、少しずつ違っているが、それは十二指腸から大腸にいたる過程で、小腸の性質が漸次変化するのを、表わしているだけである。 養老孟司『からだを読む』より引用