漸次増加

10 の用例 (0.00 秒)
  • こうして死亡者は一日平均百名にのぼり、厳寒の来襲とともに漸次増加の傾向にある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 氏の崇拝者は欧洲の諸国にわたつて漸次ぜんじ増加してく様である。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • 明治八、九年にその制を改め、何人といえども出願したるものには営業を許可したり、従って製造者漸次増加せるも、記録のよるべきものなく、その数詳かならず。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • たしか明治十五年創立で、当時は至って入学者少なく、明治十七年第一回の卒業生を出した時は、僅か十二名であったが、私の卒業した二十三年の第七回卒業生は、百八十四名、漸次増加して学校の勢力もまた上がって来ていた。 相馬黒光『一商人として 』より引用
  • ソビエトのプロパガンダもあり、自由主義諸国の研究者の中には社会主義型の計画経済に希望を見出す者も多く出たが、実際にはホロドモールや食糧の徴発でポーランドに脱出するロシア人の漸次増加が起きていた。
  • JAMDIでは総会の開催のほか、講演会、会員相互の情報交換、外部団体との関係構築等の活動を行い、会員の医師数も漸次増加した。
  • 古北大隊は、八月二十五日までは、一九五五高地を守備したが、敵の兵力が漸次ぜんじ増加し、左翼方面からの包囲攻撃を受けはじめると、いかにせん支え切れず、五百メートルほど退いた新高地線に布陣して、なお、撤退部隊の援護につとめた。 伊藤桂一『遥かなインパール』より引用
  • 当時この店は、売上げに比して、少々広過ぎるくらいでしたが、その後売上げ漸次増加して、一日三百円に達した時は、甚だ手狭を感じました。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • しかるに時勢の変遷にともない、なおかつこの危険なる主義を唱導する者漸次増加の傾向なきにあらざるをもって、深く軍人精神の涵養を努め、もって未然にこれを防遏ぼうあつせられんことを望む。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 革命裁判所が死刑を宣告した数は、1793年9月中旬から10月中旬までに15、次の1ヶ月間には65、翌年の2月中旬から3月中旬には116、3月中旬の1ヶ月では155、4月中旬からの1ヶ月では354にという風に漸次増加していき、それに合わせて裁判手続きは簡素化された。