漬ケ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 数ある料理の中でも、漬けものほど愛情を感じさせるものはありません。 ...
  • というのは、これを油漬けにしてサンドイッチに使ったというのである。 ...
  • なお、ダイナが海に落ちると氷漬けになり敗北する場面も再現している。 ...
  • この氷漬けの死体をもち上げて運ぶには、赤色人二人の力を必要とした。 ...
  • 外出することも稀な仕事漬けの毎日ではそれも無理からぬことだろう。 ...
  • 母なら漬けられるけど、でも、ここ何年も母が漬けてるの見たことない。
  • 酒と大蒜漬けになった頭が、何かとんでもないことを考えているようだ。
  • 別にパンを切ってその中へ十分間ほど漬けておくとパンが大層膨れます。 ...
  • 子供が三人づれで、滝の落ち水に手を漬けて、氷のようだと騒いでいた。 ...
  • そのためには、いままで以上に、レッスン漬けの毎日を送る必要がある。 ...
  • に漬けた後にオーブンなどで乾燥させながら焼いて作られることもある。 ...
  • なにか果実かじつを蜜にけてあったのだろうか、かすかに果実のかおりがした。 ...
  • そのとき住んでいた大分の近所の人の見よう見まねで漬けたのだろう。 ...
  • 地球がまだ若かったころ、この氷漬けの目はどのような光景を見たのだろう? ...
  • 朝から晩まで、文字通りテレビ漬けの生活になってしまったのである。 ...
  • 味噌に漬けた後の野菜はそのまま食べるが、肉や魚は焼いてから食べる。 ...
  • われわれはこのような漬け物を失いはしないかと日々悩みながら暮らしている。 ...