漂う

全て 動詞
3,969 の例文 (0.01 秒)
  • そんな気が、何処ともなく漂っているように感じられるのであった。 ...
  • 暖かい風とわからないくらいのかすかな流れとのままに、舟は漂っている。 ...
  • 自分たちは単に、そのあたりの空に漂っている空気の甘さを感じるだけだ。 ...
  • その木には、膨大な時の流れと忍耐強い知力のようなものが漂っていた。 ...
  • 窓こそ開けてはいないものの、O町の匂いもあたりに漂い始めている。 ...
  • 残ったのは心を漂う忘れてしまった秘密のいらだつような断片だけだった。 ...
  • ちょうど見えるか見えないかというあたりを漂っているみたいに。 ...
  • たしかに額にはついているし、トンネルのなかには何千個も漂っているはずだ。 ...
  • 一流のプロフェッショナルだけが漂わせることのできる特別な雰囲気だ。 ...
  • 百人もの兵たちが死傷し、近くの波間にはいろんな残がいが漂っていた。 ...
  • 世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を得意とする。 ...
  • そこは多くの点でびっくりするほど見慣れた雰囲気を漂わせていた。 ...
  • すると、ちょうど前方にゆっくり漂っている一台の小飛行艇が目についた。 ...
  • 石鹸の香りが漂ってきて、褐色の肌とのびのびした歩き方を思い出した。 ...
  • それはおそらくあの問題が論議せらるべく空中に漂っていたのだろう。 ...
  • 空中を漂っている水滴を飲み、なんとか頭をはっきりさせようとした。 ...
  • そのころには西の空にくれないの太陽が落ちて、辺りに薄闇うすやみが漂い出していた。 ...
  • 日は昇り始めているが、朝霧あさぎりさえ漂う街道には、まだ車の通りが少ない。 ...
  • こうしている内に彼女の眼には、いつか涙が一ぱいに漂って来る事があった。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:漂う