漂う香り

9 の例文 (0.00 秒)
  • その花から漂う香りは、戦うものの気持ちをなだめる効果がある。 ...
  • 夜気のなかを漂う香りは、女の身体から発散されたものであった。 ...
  • だが、そこからただよかおりは|記憶《き おく》にあるあれとは、まったくちがうものだった。
  • この女は僕など較べものにならないほどの嘘つきであることが躯の蠕動や内臓から漂う香りから伝わってくるからだ。 ...
  • その前にも一度こういう顔を見たけど、と考えた幸平はすぐ横の鮎から微かに漂う香りに、なぜ懐かしい記憶をつつかれるような気がするのかということに思い当たり、そこで自分の考えに嬉しくなってしまってほとんど腰を浮かしながら大声で叫んでいた。 ...
  • そうこうしているうちにも、ケーキや焼き菓子は次から次へと焼き上がり、漂う香りは濃度を強める一方でした。 ...
  • みずみずしく、自然な高貴さの漂う香りだ。 ...
  • われはさすがに気も動てん、身じろぎならず、その正体見定めんとせしが、漂う香りはぼるとにゅいヽヽヽヽヽヽ、まとえるうすもの透し、熱き肌ひたと寄りそわせつつ、「あらあら元気だこと」くすくす笑うさま、なんとも見当つきかねる。 ...