漂う霧

17 の例文 (0.00 秒)
  • クレーターの上に漂う霧が、吐息のように動き、視界が悪くなってきたようだ。 ...
  • 漂う霧も、彼らのがっしりとした肩の線を覆い隠すことはできない。 ...
  • その凄絶せいぜつ美貌びぼう深山幽谷しんざんゆうこくただよきりの様な雰囲気に気圧けおされていた。 ...
  • 薄く漂う霧は、もう完全に春のものであった。 ...
  • 腐蝕林ふしょくりんステージに漂うきりと緑色の燐光りんこうを切り裂いて、ハルユキは飛ぶ。 ...
  • 「会ってみたかったのだがな」 海上を漂う霧はここからは見えず、窓から差し込む陽光が操舵長や信号員の横顔を照らしていた。 ...
  • やがて稲妻がまた走り、今度はさっきよりもやや明るく、村人たちはその稲妻によって、はるかな高みの祭壇めいた石のまわりに漂う霧のようなものが照らされたように思った。 ...
  • 朝まだきの谷に漂う霧に似た、柔い灰色のひとみだった。 ...
  • 機能的だが質素な、一目でロマヌアのそれとわかる荷馬車が、うっすらと漂う霧をかき混ぜて通りを南へ去っていく。 ...
  • 廊下の明りが遮られて、寝室は暗く沈んだが、秀子の、白いネグリジェが空中を漂う霧のようにうっすらと見えた。 ...
  • わずかに漂う霧の魔術というよりも、光の屈折がどうにもおかしなところからして、空間そのものが四次元的に歪んでいるらしかった。 ...
  • 漂う霧の間に浮かび、また消える、ひしめく人波にまれながら、未だ夢を見ているような心地がする。
  • 漂う霧がそれを包んだ。 ...
  • 湿地にただよきりも見えた。 ...
  • 漂う霧の中に揺らめく影。 ...
  • オルレアン公邸はラグドリアンの湖畔こはんから漂う霧と、双月の明かりに照らされ、夜にあやしく浮かび上がった。 ...