漂う船

14 の例文 (0.00 秒)
  • さっきから止まったままのバスが、まるで波間を漂う船のように大きく揺れて感じられた。 ...
  • 大海に漂う船の中だから、逃げだすこともどうすることもできなかったのであろう。 ...
  • 奥座敷からはすわったままで庭の松ごしに浜が見え、遠い水平線に漂う船の姿も見えた。 ...
  • 波の上を漂う船の上に立っていたのだ。 ...
  • 自分の仕事がなんなのか、はっきりとわかっている者特有の確かな足取りで、彼は蒸気の生ぬるい匂いが漂う船の通路に入る。 ...
  • 糸遊に乗って、 あしもとから透明になってゆく漂う船。 ...
  • たがいに顔を見あわせなくても、一夜の内に全員が体力気力のほとんどを消耗し、自分自身が救出を待つ者のように漂う船の上にただ張りついているだけなのがわかりました。 ...
  • 「思慮なき熱中は漂う船に似たり」だが、文字の線が見えないくらいに細い糸のようなので、右の眼をしっかり閉じ、左の眼でようく見てやっと頭字のくねりがすっかり見分けられるのだった。 ...
  • まるで夜の海に漂う船に大波が打ち寄せるような大きな音を立てて、吹きすさぶ破滅が周囲に押しよせる音に耳をすませながら。 ...
  • いまや灰色の朝となり、鉛色の北の空の下、選抜された食屍鬼の特別班が列をつくって悪臭漂う船に乗りこみ、それぞれの漕ぎ手の座についた。 ...
  • ともを波のほうへ向ける事も得しないで、力なく漂う船の前まで来ると、波の山は、いきなり、獲物に襲いかかる猛獣のように思いきり背延びをした。 ...
  • この詩では、乗組員を失ってあらゆるものから解き放たれ、海に漂う船そのものが「私」であり、その精神世界であり、未知の世界の壮大華麗、怪異なイメージに酩酊する「見者」としての詩人である。 ...
  • 「君や、クロッス、ウェッブ、サービス、ウィルコックスの諸君は、小さい人たちの面倒めんどうをみてやってくれたまえ、ここは、僕たち四人で引き受ける」 いままででわかったように、いまこの嵐のまっただ中にただよう船にんでいるのは、少年たちだけである。 ...