漂う空気

24 の用例 (0.00 秒)
  • そんな黴と、線香の残滓ざんしの漂う空気の中に、瑞々しいミントの芳香剤が薫る。 虚淵玄『鬼哭街』より引用
  • 部屋にただよう空気は、とてもやわらかくて優しいのに。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • これら本音の漂う空気を読んで、すかさず池は決を採る。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第11巻』より引用
  • キューア島海域に水偵を誘導して引き返した降旗は、洋上に漂う空気の抜けかけたゴム筏を発見した。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用

漂う空気 の使われ方