漂う空気

29 の例文 (0.00 秒)
  • どことなく、辺りに漂う空気にもしおの香りが感じられるような気がする。 ...
  • 男の全身から漂う空気は、鉱夫のものでも、この近くの村の農夫のものでもない。 ...
  • 古書店という場所に漂う空気は、国がちがっても共通のようだ。 ...
  • 何か辺りをただよう空気が違う感じだった。
  • 六人のあいだにただよう空気はまるで今の天候のように、大れの気配けはいを見せていたのである。 ...
  • むしろ、漂う空気からは不満の色の方が強い。 ...
  • 漂う空気の匂いも、体の震えも、隣にいた母の死も、そのすべてがエンターテインメントとして成立させようという意思はまるで感じられなかった。 ...
  • 二人の間にただよう空気を乱さないために。 ...
  • 漂う空気から支配する理までここでは異なる。 ...
  • その秘密は漂う空気にあった。 ...
  • 悪臭の漂う空気が動き、何かがベッドに触れた。 ...
  • エリオと二人で店内に頭を下げてから外に出ると、何だか一仕事終えた充足感漂う空気が殺到してきた。 ...
  • 何か、辺りをただよう空気全体に禍々まがまがしいものを感じる。 ...
  • この地下空洞に漂う空気から察するに、聖杯が生み出すのは碌なものではないだろう。 ...
  • そう思うのは、香苗自身が家の中に漂う空気に、何か緊迫感に通じる気配を覚える時があるせいかもしれなかった。 ...
  • 二人の間に漂う空気は重く暗い。
  • 悪臭の漂う空気を一息吸ったモーガンは、人がよくもこんなところで生きていられるものだと思った。 ...
  • 次へ