漂う破片

5 の用例 (0.00 秒)
  • 宇宙に漂う破片を引き寄せながらなおも膨張を続けていた。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • 漂う破片はその痕跡と疑えぬこともなく、バナージは緊張した目をオードリーと見交わした。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • 船や海鳥、ぶら下がった網、漂う破片、せわしない男たち、それに魚と塩の匂いで生き生きとしている。 コニイ『ハローサマー、グッドバイ』より引用
  • 周囲に漂う破片も余熱をくすぶらせ、熱源センサーは無数の反応が滞留する光点の乱舞だった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』より引用
  • 漂う破片が、ワームホールの中に落ちこんでいく。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用