漂う煙

28 の用例 (0.00 秒)
  • 公園の中へ入って行くと、ガソリンのにおいや、漂う煙の匂いに気付く。 赤川次郎『長い夜』より引用
  • やがて眠りが漂う煙のように音もなく訪れ、彼女の全身を包む。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 黒猫の周りに漂う煙が、アルケミストだということはわかっている。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 頼りなく大気を漂う煙に浮かび上がったのは、まぎれもなく人の姿だった。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • もうすぐ親になるというのに、私たちは、空中を漂う煙のようにゆらゆら揺れている。 板東眞砂子『蟲』より引用
  • 残っていた怪物たちの目から光が失せ、漂う煙へと還ってゆく。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 漂う煙ごしに目玉だけ動かしてちらりと私の顔を見た。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 薄暗闇の中を漂う煙をぼんやりと眺めた。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • 漂う煙を見つめながら、江崎との駆け引きについて思いを巡らせた。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • それらの町の家家から漂う煙は、低く這うて殊に凡てを物悲しく沈ませて見せた。 室生犀星『或る少女の死まで』より引用
  • ただよう煙には無機物以外のものが燃えるいやにおいが混じり始める。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ』より引用
  • 漂う煙はヨルダの鼻先を流れ、一瞬だけ凍るような冷気を残して跡形もなく消えてしまった。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • うっすらとただよう煙は頭のしんをしびれさせ、幻覚げんかく恍惚こうこつをもたらすもの。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第05巻 呪いのダイヤに愛をこめて』より引用
  • 香炉から漂う煙は、天井にゆらめく影を遊弋ゆうよくさせていた。 山田正紀『宝石泥棒』より引用
  • 鉄骨の陰から覗くと、漂う煙を割るようにして怪物が委細構わず前進を続けていた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • ジョウたちが軽くうなずくのを、漂う煙ごしに見る。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 漂う煙をつかまえて元に戻すことは、不可能に近い。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • 濃く漂う煙のせいで劉健一の顔色は読めなかった。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 闇に漂う煙とともに、駅員はそう言った。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 漂う煙を見ながら、ふと思いを馳せた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 次へ »