漂う煙

25 の例文 (0.00 秒)
  • 公園の中へ入って行くと、ガソリンのにおいや、漂う煙の匂いに気付く。 ...
  • やがて眠りが漂う煙のように音もなく訪れ、彼女の全身を包む。 ...
  • 黒猫の周りに漂う煙が、アルケミストだということはわかっている。 ...
  • 頼りなく大気を漂う煙に浮かび上がったのは、まぎれもなく人の姿だった。 ...
  • 漂う煙を見つめながら、江崎との駆け引きについて思いを巡らせた。 ...
  • 残っていた怪物たちの目から光が失せ、漂う煙へと還ってゆく。 ...
  • 漂う煙ごしに目玉だけ動かしてちらりと私の顔を見た。 ...
  • 「勝手にすれば」 闇に漂う煙とともに、駅員はそう言った。 ...
  • 鉄骨の陰から覗くと、漂う煙を割るようにして怪物が委細構わず前進を続けていた。 ...
  • ただよう煙には無機物以外のものが燃えるいやにおいが混じり始める。 ...
  • 炎上する工場地帯から漂う煙が濃くなり、倒壊したホテルの残骸を覆い隠した瞬間。 ...
  • 船長は、例の鼻を刺すような強い葉巻に火をつけると、何か、難しい言葉で文章を書いてでもいるように、漂う煙をジーッと見つめている。
  • 漂う煙はヨルダの鼻先を流れ、一瞬だけ凍るような冷気を残して跡形もなく消えてしまった。 ...
  • うっすらとただよう煙は頭のしんをしびれさせ、幻覚げんかく恍惚こうこつをもたらすもの。 ...
  • 香炉から漂う煙は、天井にゆらめく影を遊弋ゆうよくさせていた。 ...
  • 漂う煙をつかまえて元に戻すことは、不可能に近い。 ...
  • ジョウたちが軽くうなずくのを、漂う煙ごしに見る。 ...
  • 次へ