漂う匂い

11 の例文 (0.00 秒)
  • 街路をただよう匂いは、複雑にじり合って、正体のわからないものもたくさんある。 ...
  • 漂う匂いから、俺は女の持つ強い力をも感じとっていた。 ...
  • そこに漂う匂いも空気も、意味を知らない子供にとっては風景のひとつでしかなく、手の空いた女郎がいる時は遊んでもらえたりもしたので、征人の目に遊郭は楽しい場所と映っていた。 ...
  • 自分たちの朝食のテーブル周辺に漂う匂いは、カフェ・オレが主役だったことを、彼は思った。 ...
  • 鼻を使えと言われても、ヴィクトリカがい始めたパイプからただよにおいに邪魔じゃまされて、よくわからない。 ...
  • 漂うにおいが、空腹感くうふくかんを助長させていた。 ...
  • その代わり、微かに漂う匂いを仙元の嗅覚がとらえた。 ...
  • そこで私は浴場ハンマームに出かけ、風呂から上がると、その豪奢な晴着を着ましたが、それにはすっかり香水がつけてあって、ひじょうな高い香気を放ち、私が通ると、道行く人は立ちどまって、空中に漂う匂いを吸ったほどでした。 ...
  • 空腹のせいか、店内に漂う匂いが香ばしく思える。 ...
  • 梅が香に迷うは、あにうぐいすのみかは、春の夜の闇にまぎれて漂う匂いに、ふと気づきし師匠、ここはいずくなりやと、見わたせば、同輩のかねて求めし寮の小部屋、酔覚めの水を探し、半身起してなにやら足にひんやりと肌がさわり、布団はいでたしかめればこはいかに女弟子の一人すそもあらわに寝入りてあり。 ...