漂う中

51 の用例 (0.00 秒)
  • 士気は低下し、ドイツの住民にも厭戦気分が漂う中での指揮であった。
  • そんな何とも言えない気まずい空気がただよう中、ハルヒだけが大喜びしていた。 谷川流『涼宮ハルヒの溜息』より引用
  • 電車が行き過ぎた後の余韻が漂う中で、安藤は女のひとみに再度出合った。 鈴木光司『らせん』より引用
  • うす赤い夕日が漂う中に、大袈裟にいうと、それは人外境のようであった。 山田風太郎『明治波濤歌(上) 山田風太郎明治小説全集 9』より引用
  • 数千倍に濃縮されたマタタビガスが爆発して周囲に漂う中、犬ロイドたちは突撃した。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第04巻』より引用
  • 現場に変な緊張感の漂う中、麗子はあらためてアトリエを眺めた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • 当初とは別の要素により、ピリピリした空気がただよう中、半ば廃嘘はいきょと化したやかたに足をみ入れた。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • 消毒薬と酒精アルコオルの匂いの漂う中で、医者が魔利の上膊に刺した注射の針の記憶である。 森茉莉『贅沢貧乏』より引用
  • わたしは、やつらのそばを通りすぎて、ほとんど人っ子ひとりいない峡谷の、かげと悪臭の漂う中へ降りて行った。 ウェルズ/能島武文訳『モロー博士の島』より引用
  • 絶望的な空気が漂う中、リドヴィア=ロレンツェッティの声だけが周囲にひびく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 渋々と公園のベンチに座っていると、哀愁漂う中年男のウォレンと出会う。
  • いつも気だるいムードが漂う中、ジャスミンが現れてから皆の心は癒されはじめる。
  • どことなくうわついた空気の漂う中を進みながら、ジュウは隣を歩く雨を窺い見たが、彼女はいつも通りだった。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 前者の静けさがただよう中、声を出すのはどうもはばかられた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅲ』より引用
  • そのうえ、一帯はワニの生息地で有毒なジェット燃料が漂う中での犠牲者と残骸の収容活動は困難を極めアメリカ海軍の支援も得た。
  • まるで、死の街と化したような静けさのただよう中を、ディードリットと三人の傭兵は、ゆっくりと馬を進めていった。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • すぐに、ドアが開き、ほのかにコーヒーの香りが漂う中、細面で色白の美人が現れた。 佐竹一彦『ショカツ』より引用
  • 鼻がおかしくなってしまいそうな強い異臭が漂う中、エラリイは横腹のあたりに鈍い痛みを感じた。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 柑橘かんきつ系の果実のいい匂いが、夜風にふんわりと漂う中、ケアルは石造りの椅子に腰をおろした。 三浦真奈美『風のケアル 第5巻 旭光へ翔ける翼』より引用
  • ヤキトリの煙が漂う中で、琴の音が流れている。 佐竹一彦『刑事部屋』より引用
  • 次へ »

漂う中 の使われ方