漂うクラゲ

3 の例文 (0.00 秒)
  • それは夜の海底にただようクラゲの群れのようであり、遠く、近く、さまざまな大きさと形をもって空間をめていた。 ...
  • どんどん症状しょうじょう悪化あっかしていく月村真由は海中をただようクラゲのようにふらふらと上体をらし、半開きになった口からエクトプラズムのを引き、ひかえめに見ても末期まっき症状に達している。 ...
  • カルキノスの犠牲になったと思しきクジラの死体を食い破って襲ってくるウナギや、無数に漂うクラゲが襲ってくる。 ...