漂うクラゲ

5 の用例 (0.00 秒)
  • それは夜の海底にただようクラゲの群れのようであり、遠く、近く、さまざまな大きさと形をもって空間をめていた。 野尻抱介『クレギオン 3 アンクスの海賊』より引用
  • その浮遊感あふれる立ち振る舞いは、水槽の中を漂うクラゲのようだ。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • そんなことが気になって、それと同時に何だかいっぺんに気が抜けてしまって、それ以降は波間を漂うクラゲのように校舎の中をふらふらとさ迷っていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • どんどん症状しょうじょう悪化あっかしていく月村真由は海中をただようクラゲのようにふらふらと上体をらし、半開きになった口からエクトプラズムのを引き、ひかえめに見ても末期まっき症状に達している。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • カルキノスの犠牲になったと思しきクジラの死体を食い破って襲ってくるウナギやそこら中に漂うクラゲが襲ってくる。