漂うよう

213 の例文 (0.00 秒)
  • 美也子の髪かと思ったが、そうではなく、なにか香料が漂うようだった。 ...
  • だが、両者の間に目に見えぬある種の緊張感が漂うようになったのは事実だ。 ...
  • 漂うように右から降りて来て、溜息を衝くように左へ登って行くのですね。 ...
  • この校長になってから一種の民主的な空気が校内に漂うようになった。 ...
  • かれは時間をかけて、鴎の姿になると、霧の中へ漂うように昇っていった。 ...
  • 幻のような姿の男は、ふわふわと漂うように、森の小道を横切っている。 ...
  • 彼はそのほうへ急いだが、その燈火のほうも彼のほうへ向って漂うように近づいてきた。 ...
  • そうして笑う時はそこにただ笑いが漂うようであった。 ...
  • ある種の満足感さえ漂うように思えるその口元が動き、澄んだ声が流れた。 ...
  • 落ち葉がまた数枚、ゆっくりとただようように一弥の周りに落ちてきた。
  • オシラサマたちはそういうと、漂うように闇の中を進みはじめた。 ...
  • 雪の道をうしろから、漂うようにやって来たのは麻羽玄三郎と一人の甲賀者だ。 ...
  • 私とマリエは、音の洪水の中に身を浸し、漂うように日々を過ごした。 ...
  • 向かって右は、銀の胸壁のある塔を持つ銀の城が半分だけ漂うように描かれている。 ...
  • 光球はリーフの精霊語に操られ、ただようように水兵たちに近づいていった。 ...
  • 大海の中を一人で漂うようなわびしさが、音もなく吟子の中に忍び込んできた。 ...
  • だが、ここ数年、夫婦のあいだにあぶない倦怠けんたい感が漂うようになった。 ...
  • 次へ