漂う

全て 動詞
3,969 の例文 (0.02 秒)
  • 私は魂だけの存在になって時の中をただよいながら、あなたの人生を見たわ。 ...
  • 影の動きにはこの世のものとは思えないものうげなようすが漂っている。 ...
  • そしてやや滑稽な空気が漂っていたのを認めざるを得ないかも知れない。 ...
  • そうやってしばらく、移動する水の塊のすこしまえを一人だけで漂った。 ...
  • おばさんのまわりには暗い部屋にいてもわかる独特の匂いが漂っている。 ...
  • そしてまた必ずその上には一羽か二羽の雲雀の聲が漂うてゐねばならぬ。 ...
  • 彼の意志とは無関係に、彼はいま制御室の空中に漂っているのであった。 ...
  • 流れに漂う木片のように、ぼくはあてもなく目の中に流れて行きました。 ...
  • それぞれが自分ひとりの夢のなかを漂いはじめたような沈黙がつづいた。 ...
  • どことなく、辺りに漂う空気にもしおの香りが感じられるような気がする。 ...
  • 何故だか分らなかったが、心が軽く空中に漂っているような心地だった。 ...
  • だが、その後に剣呑けんのんな空気を漂わせた車を見つけては話が変わってくる。 ...
  • 目をしっかりとじると、宙に漂い出た涙がゆっくりと下へ沈んでいった。 ...
  • 好きな相手に会うのならば、もう少し楽しげな気配が漂うのではないか。 ...
  • その場所にはなにかしら邪悪な霊気が漂っているかのようだったからだ。 ...
  • 実際、帽子ぼうし店を出られてせいせいしたという雰囲気ふんいきさえただよっていました。 ...
  • シャンヴルリー街の事件はただ一片の雲のように記憶の中に漂っていた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:漂う