滅多に無い

46 の用例 (0.00 秒)
  • 牡馬に対して行われるのが一般的で、牝馬を去勢することは滅多に無い。
  • 最近の関取同士の取り組みで時間前の立合いが見られることは滅多に無い。
  • だが、深夜に寝室から出てくる用事など、まず滅多めったに無いのだった。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 現在のNBAでは、稀ではあるが滅多に無いというわけではない。
  • しかし他人ひとの臍緒書を身に着けているなぞは滅多に無いことです。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 人間の前に姿を現すことは滅多に無い、とされている。
  • 乳母は田舎には滅多に無いといはれた位縹緻のいゝ女だといつた。 長塚節『隣室の客』より引用
  • 試運転や運行障害など非常時用として設置されているもので普段は使われることは滅多に無いが、臨時列車で使用されることもある。
  • 滅多に無い外部からの訪問者に、そして「星の人」と呼ばれる所以に興味を持つ子供たち。
  • 滅多に無いことなので、お文は怪訝けげんな顔つきをしたが、それでも素直に云う通りに従った。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • 世間は如何なる者の行動も正しく判断することは滅多に無い。
  • 民主党は郡あるいは州の議席を求めることが滅多に無いので、共和党の予備選挙が事実上の選挙になっている。
  • ドクイトグモの集団生息は極めて珍しく、強毒性だが人間を咬む事は滅多に無い。
  • しかし、それが問題となることは滅多に無い。
  • この人に滅多に無い云い方だったので、水野越前守が、思わず淡路守の顔を見つめたくらいだった。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • 最近ではedを対話的に使用することは滅多に無いが、シェルスクリプトで使われることはある。
  • しかし、穀物にとっては毒でもあり、単一の窒素源として用いられることは滅多に無い。
  • 改まってお祖母ばあさんにお辞儀しろと言われた事は滅多に無いので、死ぬと変な事をするものだ、と思って、おッかなびっくそばへ行くと、小屏風をさかさにした影に祖母が寝ていて、かおに白い布片きれが掛けてある。 二葉亭四迷『平凡』より引用
  • 年間平均雨量は17インチ程度であり、州内の一部だけが旱魃に見舞われることは滅多に無い。
  • また、晶霊を統括する「大晶霊」も存在しているが、彼らが人前に姿を現す事は滅多に無い。
  • 次へ »

滅多に無い の使われ方