滅多にそんな

7 の用例 (0.00 秒)
  • 慣れた者ならそれを熟知しているから、滅多にそんな事故は起きない。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • それは吉田が自分の母親がこれまで滅多にそんなことを云う人間ではなかったことを信じていたからで、その母親が今そんなことを云い出しているかと思うと何となく妙な頼りないような気持になって来るのだった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 深川祭りじゃ、滅多にそんなこともないようですが、ほかの町の祭りじゃあ、みこしをかつぎながら、前の女性の胸もとへ手を差し入れたりする不心得者がいるんですね。 深田祐介『スチュワーデス物語』より引用
  • 普段私は海外へ行っても、滅多にそんなことはしないのだが、昨年バリ島を訪れた時は好奇心からマジックマッシュルームというきのこを試した。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 滅多にそんなことはない。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • だが、伊織には、滅多にそんなことがない。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 近頃はスピリツト・ガムがありますから、滅多にそんな失態を演じることはありませんが、その頃は不完全なヒゲラツクといふのをアルコールで溶いて、附髭の裏面に塗つて貼つたのです。 松本幸四郎『大森彦七と名和長年』より引用