滅多にその

10 の用例 (0.00 秒)
  • それでいて滅多にその使用が試みられない理由は至極単純なものだった。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 仁平にとってはめいおいになるが、滅多にその子らに会うことはなかった。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • しかし、男にしても女にしても、かれ等の群は、滅多にその生活や故郷や祖先を語らなかつた。 田山花袋『帰国』より引用
  • お島は心強いような気がしたが、母親の目の黒いうちは、滅多にその分前わけまえに有附けそうにも思えなかった。 徳田秋声『あらくれ』より引用
  • その鳴声が調子外れに高いので、初めて聴いた者は誰でも驚かされる、しかも滅多めったにその形をた者はないとのことであった。 岡本綺堂『二階から』より引用
  • 細い管のなかにひそんでいて、滅多にその姿を見せないが、その狐がいろいろのことを教えてくれるので、狐使いは占いのようなことをやる。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • このしからぬ噂がお玉さん一家の耳にも響いたらしく、その後のお玉さんの様子はがらりと変って、買物にでも出るほかには、滅多にその姿を世間へ見せないようになった。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 滅多にそのドアを開けることはなかった。 神崎京介『密室事情』より引用
  • ただし滅多にその鳴き声を披露することはなく、動物園の飼育員ですらごくごく稀にしか聞けないという。
  • 二者の類似性にも関わらず、ストップモーション・アニメと手描きのアニメーションという二つのジャンルはハリウッドの黄金時代を通じて、滅多にその最盛期を同時に迎えたことがなかった。