滅多にあるもんじゃない

3 の用例 (0.00 秒)
  • 若い女がひとり住まいすることなど滅多にあるもんじゃない。 馳星周『不夜城』より引用
  • どう考えても旅行客というふうじゃねえし、そもそも旅行客なんざ、滅多にあるもんじゃない。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 「山上さん、折角おいでになった先生のために、一つ見せなさいよ、先生、こりゃ珍物ですよ、滅多にあるもんじゃない」なにかと思えば、主人のミノマラで、待ってましたとばかり主人、今では珍しいズボンの前ボタンを、天井仰ぎつつはずし、「今日は寒いがら、ちぢこまってるすな」いいつつ、ぞろりと引き出す。 野坂昭如『好色覚え帳』より引用