滅多にあること

8 の用例 (0.00 秒)
  • 通常は落ちて一つか二つ、七つ全部落ちるなど、滅多めつたにあることではない。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • それも絶対にないとは言えないが、滅多にあることじゃない。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 自分の娘が自殺を図ることなど、世間の親にとって、滅多にあることではない。 樋口有介『11月そして12月』より引用
  • 国氏が変わるなどということは、滅多にあることではない。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 他社の新聞より先に北関を開くなど滅多にあることではない。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 鬼大仏をここまでやりこめられるなんて、滅多めったにあることではない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 滅多にあることではないが、強大な呪力を秘めた物や存在に接触した直後など、たまに起こってしまう。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • び止められることなど、滅多めつたにあることではない。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用