滅ぼす計画

5 の用例 (0.00 秒)
  • 武帝はかねてより呉を滅ぼす計画を抱いていたが、同じことを考えていたのは羊祜・張華・杜預のみであった。
  • 彼は死の床で西夏皇帝を捕らえて殺すよう命じ、また末子のトルイに金を完全に滅ぼす計画を言い残したという。
  • 高松城を包囲する秀吉は毛利との間に講和を工作していたが、信長にはその気はなく毛利家を滅ぼす計画であった。
  • 当時琉球では麒麟児との評判が広まり、首里の尚氏は伯父である護佐丸の次に滅ぼす計画を練る。
  • 建安22年の魯粛の死後、陸口に赴任した呂蒙は、関羽を攻め滅ぼす計画をひそかにめぐらしていたが、表面的にはこれまで以上に関羽と親密に接した。