準じる扱い

18 の用例 (0.00 秒)
  • 公務による出張で駅馬の利用を許された官人もこれに準じる扱いを受けた。
  • 国際列車に準じる扱いになるので入境および出境の手続きは出発駅及び到着駅で行われる。
  • 一方で中華民国とは外交関係を結んでいたため台湾人は名誉白人として日本人とともに白人に準じる扱いを受けていた。
  • 以後大元帥法は後七日御修法に準じる扱いとなった。
  • 外部からの特別視は江戸時代初めにも続き、江戸幕府は江戸城下で片倉氏に屋敷を割り当て、大名に準じる扱いをした。
  • 系列局の日本海テレビが編成やスポンサーセールスの都合上ネットしなかった鳥取県・島根県では、本放送終了後に山陰中央テレビで再放送に準じる扱いで放送された。
  • また、彼らが掲げていた33人の東方人の旗は、今もなお、ウルグアイでは国旗に準じる扱いを受けている。
  • 更に後宮職員令・東宮職員令・家令職員令に規定された諸司も含まれ、『令集解』によれば摂津職も京官に準じる扱いを受けていたとされる。
  • なお、NRN全国中継本番カードとして日本ハムビジターゲームを制作する局やNRNキー局が、該当日に自局では別カードまたは野球中継以外の番組の放送となった場合は、制作局の本番カードとなった場合に準じる扱いのため、当然ネット受けする。
  • 政党要件を満たしていなくても、参議院選挙などほとんどの選挙では、政治団体は確認団体の要件を満たすことで、選挙では政党に準じる扱いを受けることはできる。
  • 当時、この修道院は諸侯に準じる扱いを受けていた。
  • たとえばチューリヒは8000、ベルンは3000という具合で、これらは県コードにも準じる扱いで地図やホテルリストにも記載されている。
  • その後、朽木氏は交代寄合として遇されて、独自の陣屋を持つことを認められて大名に準じる扱いを受けた。
  • 元プロ野球選手が高校野球の指導者になるには教諭として通算2年以上の在職が必要だったが、2011年2月に条件が緩和され、臨時講師の経験も教諭に準じる扱いとなり、伊達が適用第1号となった。
  • なお、『世界名作劇場』のうち山形テレビで放送されなかった作品は、1997年4月に山形県内にフジテレビ系列として開局したさくらんぼテレビジョンが再放送に準じる扱いで放送した。
  • しかし、定信は吉宗の孫だったため、譜代大名でありながら親藩に準じる扱いという玉虫色の待遇だったので、混乱を招きやすい。
  • 死によって初めて藩主・容貞の生母として遇され、継室に準じる扱いがされ、会津院内山へ埋葬、霊牌は浄光寺に置かれた。
  • その王族はキュレゲンとしてモンゴルの王族・貴族に準じる扱いを受け、クビライ家の皇女と婚姻を結んだ。