準じる待遇

8 の用例 (0.00 秒)
  • 准士官とは、下士官出身者で士官に準じる待遇を受ける者の分類をいう。
  • 彼らはいずれも皇后もしくはそれに準じる待遇を受けた藤原氏式家出身の女性を母とし、さらに桓武の意向で異母姉妹にあたる内親王を妻としていた。
  • 直重は早くから徳川家に近づき、徳川秀忠に献身的に仕えたことから、外様大名でありながら譜代大名に準じる待遇を求めたが入れられなかった。
  • 皇太后に準じる待遇で、皇后ではなかった母の権威を高めるために天皇がとった特別措置といえる。
  • この条約に基づき、王公族として李王家が立てられ、日本の皇族に準じる待遇を受けた。
  • ただし1997年以降のルーマニア政府との関係は悪くはなく、ルーマニアのNATO加盟やEU加盟のための対外交渉を支援しており、その際に接受国では公賓に準じる待遇をしている。
  • また、海軍では、東京高等商船学校及び神戸高等商船学校の官立高等商船学校2校について、海軍予備士官の養成カリキュラムが組まれており、この2校に入学した学生は、自動的に全員が海軍予備生徒に任命され、海軍生徒に準じる待遇を受けた。
  • その後、1910年に行われた日韓併合によって、王世子となり、王族として日本の皇族に準じる待遇を受け、「殿下」の敬称を受ける。