準じる存在

10 の用例 (0.00 秒)
  • 定冠詞は、自然界で唯一か、それに準じる存在とともにも用いられる。
  • 元々はギリシア神話に由来する概念であり、半神とされた人々や部族・都市等の祖とされる人々などが英雄とされ、死後に神々に準じる存在になったと信じられていた。
  • 長老による暫定政権案が潰された椎名にとって、三木は長老議員に準じる存在となり得た。
  • イスラム教が成立するより前、ジャーヒリーヤと呼ばれた頃では、ジンは神々またはそれに準じる存在としてアラブ人によって崇拝されていた。
  • また、現実の宇宙船は高高度航空機に準じる存在であり、それをふまえた考証面からも欧米SF、特に映像作品の宇宙戦艦の描写は、水上船舶というより大型航空機に近い物が多く、戦闘シーンも空中でのドッグファイトに近い。
  • 準皇族とは、文字どおり「皇族に準じる存在」を指す造語である。
  • また本項では、核兵器を運用するものではない、メタルギアの名を冠しない等、メタルギアの定義から外れるがメタルギアに準じる存在の大型兵器も記載する。
  • なお、陸田の兄は陸田に準じる存在と認定され求刑通り無期懲役が言い渡され、死体遺棄・詐欺などに加わった面々もそれぞれ有罪判決が下された。
  • また、キプチャク、アスト、などはテュルク系・イラン系民族であるが、その出身者は大ハーンの親衛軍に編成されてモンゴル高原に駐留し、モンゴルに準じる存在であった。
  • また、近衛天皇の朝覲行幸に際して、法皇は美福門院とともに上皇を臨席させるなど崇徳院を依然として天皇の父母もしくはそれに準じる存在と位置づけており、近衛天皇が健在だったこの時期においては、崇徳院は鳥羽院政を支える存在とみなされ、両者の対立はまだ深刻な状況にはなかったとする説もある。