準じるもの

56 の用例 (0.01 秒)
  • 一方、派生作品であっても公式に準じるものとして扱われている作品もある。
  • 現在はスペツィアに対してタイトルに準じるものとして扱う事を認めている。
  • 救急田に準じるものとして、不輸租田の扱いを受けていたとされる。
  • 以下の解説は基本的にゲーム版に準じるものとする。
  • 星矢らのメインキャストは、冥界編のキャストに準じるものとなっている。
  • 外国人の教師で教授に準じるものを教師という。
  • 準州政府には憲法がなく、それを作る基本法の節があっただけであり、これが政府文書に準じるものとなった。
  • 憲兵補助員は陸軍一等卒・陸軍二等卒の取扱いに準じるものとされた。
  • どう見ても、制服ないしはそれに準じるものとは思えなかった。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • しかし危険性は違法な麻薬に準じるものと考えられ、実際に健康被害や死亡例の報告もある。
  • また、冊子体で雑誌に準じるものは「フリーマガジン」とも呼ばれる。
  • 各々の三角形は、周の向きを選択し、各辺の向きをそれに準じるものとすることによって向き付けられる。
  • 以降の文章における巻数・話数の表記は特に断りのない限りノーラコミックス版に準じるものとする。
  • 台湾における郷は地方行政制度の中の下部組織とし、県轄市、鎮に準じるものと規定されている。
  • 私立高商に準じるものとして、私立旧制大学専門部の中に設置された高等商業部・高等商業科がある。
  • 開学記念日が11月1日に設定され、この日は一般の学校の創立記念日に準じるものとして休校となる。
  • とに角広くお役人又はお役人に準じるものを、法律上の用語としてはとに角社会上の用語としては、広く官吏と見做すことが出来る。 戸坂潤『世界の一環としての日本』より引用
  • 皇族の班位は、ほぼ戦前の皇族身位令に準じるものとなっているが、兄弟姉妹間では、女よりも男を優先する場合と、男女関係なく出生順による場合とが見られる。
  • 一方、公知の技術については特許を受けることはできないとする規定に準じるものとする観点からは、準公知とも呼ばれる。
  • このモデルのボディの外寸等は基本的に先行して登場していたゴルフ・ヴァリアントに準じるものでありパーツも多くを共有しているが、日本には導入されなかった。
  • 次へ »