準じる

全て 動詞
711 の用例 (0.01 秒)
  • なお、番組に出演していても含まれない者や準じた立場にある者もいる。
  • ただし、後述の人民武装警察は人民解放軍に準じた階級呼称を使用する。
  • ゲーム中では5種類の武装がある為、本項でもそれに準じた説明をする。
  • 当初は馬車鉄道とそれに準じる鉄道についての適用を目的としていた。
  • 一部の機器類を車端部の箱の中に納めた以外は、500形に準じていた。
  • こちらもキャラクターデザインはテレビアニメに準じたものとなっている。
  • 日本刀に準じた形の刃をその先端につけた、長い柄を持つ武器である。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 特別支援学校の中学部・高等部にも、中学校や高等学校に準じておかれる。
  • と言いたくなるぐらい大きな玄関で、家全体も当然これに準じて広そうだ。 安岡章太郎『犬をえらばば』より引用
  • 基本的に原作に準じているが、一部本作オリジナルの設定も存在する。
  • アニメ放送と時期が近いが、比較的小説版に準じた内容となっている。
  • 鉄道車両は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。
  • 北米やオーストラリアなど多くの国でそれに準じた処分が行なわれている。
  • これは九卿ではないが、それに準じる二千石の官で、建設大臣に相当する。 陳舜臣『秘本三国志 03 (三)』より引用
  • 元代に現代の省域に近い江西行省が成立し、明清時代もこれに準じた。
  • しかし、代表チームに準じる相手との対戦であることに変わりはない。
  • また教育理事会は議事を行う会議体であり、司法府に準じる機能もある。
  • また、通常木型は形状のみでなく、分割方法も製品に準じて製作される。
  • 公務による出張で駅馬の利用を許された官人もこれに準じる扱いを受けた。
  • むしろ文学の考え方をこそこれに準じて改造すべきであったのだ。 柳田国男『木綿以前の事』より引用
  • 次へ »