湿った土壌

28 の用例 (0.00 秒)
  • 一部は淡水に生息し、少数の種が湿った土壌中から発見されている。
  • 植物は湿った土壌から光合成が実行される場所へ水分を輸送するシステムを発達させた。
  • 美しい樹木であるが、湿った土壌で理想的な条件でも成長は遅い。
  • レマン湖などには淡水種も数種あり、多雨林の湿った土壌で生活している種さえある。
  • やや湿った土壌を好むが、鬱蒼とした林の中には少ない。
  • 海産または淡水産、及び湿った土壌中に生息し、乾燥した陸上で生活するものは少ない。
  • 属名はparaとochetusの合成語で、この植物が比較的湿った土壌を好むことによる。
  • このチョコレート色は日光に当たることで発生し、やや湿った土壌で良く成長し、耐陰性もある。
  • しかし、このようなCO 2 が豊富にあった時代でも水は貴重であり、乾燥を防ぐために植物の各パーツへ、湿った土壌から水を輸送しなければならなかった。
  • 湿った土壌や淡水中に生息する種もいる。
  • 湿った土壌の上で陸生形をとるか、あるいは浮遊形として水田や池沼の水面に浮かんで生活している。
  • 一方、大阪市立自然史博物館の調査によれば、大阪市内のクマゼミは主に乾いた土壌から発生し、アブラゼミはやや湿った土壌のみから発生するという、京都市の調査とは全く異なった結果が示された。
  • 庭や畑などの土上に生育する種であるが、湿った土壌の上や流れの澱んだ水たまり付近、川辺などに生育しており、さらには河川の底で浸水した状態でも生育していることもある。
  • 全世界の湿った土壌に生息する15mm以下の小さな昆虫で、外見的にはシミ類にやや似る。
  • 日陰、または日の当たる湿った土壌の上に生育する。
  • また幼虫についても知見が少ないが、Rhagio 属の幼虫が川辺などの湿った土壌から発見されることが知られており、同様に Chrysopilus 属の幼虫も水中生活をしていると考えられている。
  • 水面下を浮遊するか、水田など湿った土壌の上に群生する。
  • 腐植土の上や岩上、湿った土壌の上などに生育する。
  • 湿地や沼地、湖沼の湿った土壌、濡れた岩上などに生育している。
  • 半日陰地の湿った土壌や岩上、あるいは腐木上などで生育しており、普通にみられる種である。
  • 次へ »