渡党の領域まで

17 の例文 (0.00 秒)
  • 当時の唐子は、十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品を得ていた。 ...
  • 中世の留多加郡域の住民たちもまた、生活物資などを入手するため十三湊や渡党の領域まで赴いていた。 ...
  • 唐子は北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、十三湊や渡党の領域まで赴いて生活必需品などを入手していたという。 ...
  • 一方、唐子は北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、生活必需品を入手するため渡党の領域まで赴いていた。 ...
  • 中世の大泊郡域の住民たちもまた、生活物資を入手するため地元の産品を持参し、十三湊や後の和人地に相当する渡党の領域まで赴いた。 ...
  • 唐子は近世に西蝦夷地と呼ばれる樺太南部のほか北海道日本海側や北海岸に居住し、十三湊や後の和人地の前身にあたる渡党の領域まで赴き生活必需品などを入手していた。 ...
  • また、中世の唐子は、北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、地元の産品を伴い後の和人地に相当する渡党の領域まで出向いて生活必需品などを入手していた。 ...
  • 唐子は後の西蝦夷地、北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、渡党の領域まで赴き生活必需品を入手していた。 ...
  • 当時の唐子は、後の西蝦夷地に相当する北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品などを入手していた。 ...
  • 唐子蝦夷は北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品などを入手しいていた。 ...
  • 唐子は近世の西蝦夷地にあたる北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品などを得ていた。 ...
  • また、唐子は北海道日本海側や北海岸および樺太南部に居住し、城下交易のため十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品などを入手していた。 ...
  • また、当時の唐子は北海道日本海側や北海岸および樺太南部など、近世でいう西蝦夷地に居住し、生活必需品などを入手するため十三湊や渡党の領域まで赴いていた。 ...
  • 近世に西蝦夷地とされる北海道日本海側や北海岸および樺太南半に唐子は居住し、十三湊や渡党の領域まで赴き生活必需品を入手していた。 ...
  • 当時の唐子の居住地は、近世の西蝦夷地に相当する北海道日本海側や北海岸および樺太南部で、生活必需品などを得るため十三湊や渡党の領域まで赴いた。 ...
  • また、唐子蝦夷も生活必需品などを入手するため、地元産品をともない十三湊や後の和人地に相当する渡党の領域まで出向いており、15世紀になると、安東氏の代官武田信広のもとを訪れ銅雀台瓦硯を献上し配下となる。 ...