渡してしまう

124 の用例 (0.00 秒)
  • 特にあの妖怪少女に渡してしまうと、何が起こるのか全く想像できない。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • やつらは大切な事を世界連邦に渡してしまったことをひどく残念がっているよ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 釣銭つりせんを二百円も多くわたしてしまった店員は芸能人かもしれないと思った。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 警察に自分の発見を渡してしまったことに、彼はまだ少し不満を抱いていた。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • と部屋の中で迷っていて、結局はそのまま出版社に原稿を渡してしまった。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • 手荷物を窓から赤帽に渡してしまうと、私は急いで彼の後を追っかけた。 豊島与志雄『林檎』より引用
  • でもそれも、こうして僕に最後のバイト料を渡してしまうまでのことだろう。 村山由佳『おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ』より引用
  • それで、臨時で、管理人が持つべき鍵を舟元さんに渡してしまった。 森博嗣『G 01 φは壊れたね』より引用
  • 鷹を渡してしまったあとなら知らず、おれは殺されっこないのを承知している。 ハメット/宇野利泰訳『マルタの鷹』より引用
  • 加藤は、それから逃れた後で岡田の服を金の代わりに渡してしまう。
  • ところが、その金は多鶴子が当然のように素早く運転手に渡してしまった。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • 信用して貰いたいばかりに、うっかりとそれを渡してしまったんです。 高橋克彦『私の骨』より引用
  • いっそ身柄みがらを東京憲兵隊の方へわたしてしまった方が面倒めんどうがないんじゃないか? 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • しかしそれを完成させて小松に渡してしまうと、深い無力感が彼を襲った。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 舞を見たいという要望があるが、夫婦にならず男の方がその場で渡してしまう。
  • 出版社が、金に眼がくらんで、それをN氏に渡してしまったのかも知れないな。 西村京太郎『十津川警部「友への挽歌」』より引用
  • 勝手に敵の手に渡してしまうわけにはいかない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第05巻 呪いのダイヤに愛をこめて』より引用
  • 人の顔を覚えるのが苦手で同じ人に名刺を渡してしまうことがよくあるという。
  • 卒業証書を渡してしまうと、担任は両手をこっちに向けてみんなを制した。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 雑炊を渡してしまったシューホフは、適当な時間だけ、そこに立っていた。 ソルジェニツィン/小笠原豊樹訳『イワン・デニソビッチの一日』より引用
  • 次へ »