渡しておい

103 の用例 (0.00 秒)
  • お金を渡しておけば、軍からの横流し品を手に入れさせることもできた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • 僕の名刺を渡しておくから、深雪のことでなにかわかったら連絡をくれ。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 彼らに小遣いを渡しておけば車の中に何をおいておこうと大丈夫だった。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • じゃ構わないから置き手紙をばあやというのに渡しておいてくださいまし。 有島武郎『或る女』より引用
  • ぼくが出て来る時に閉めて来た部屋と机の鍵を君に渡しておくよ。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • それが分かってたら、ちゃんと彼女の写真ぐらい渡しておくもんだ! 赤川次郎『結婚案内ミステリー風』より引用
  • 幸い、さっきあの電気屋に寄った時に予備のキーを渡しておいたからよかったわ。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 「シェーファーさんにあったら、これを渡しておいてくれ」彼はいった。 フィッツジェラルド/守屋陽一訳『雨の朝パリに死す』より引用
  • 従って、登山計画書は警察だけでなく家族にも渡しておくことが重要である。
  • せめていくらかの現金を渡しておくのが商人としてするべきことだと思った。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • なにかのことでいるかもしれないからもう十シリング渡しておく。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • やっぱりこういうものは今日のうちに渡しておきたかった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • お祖母ちゃん、ロビーにおられると思うので渡しておいてください。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 君が自由に出入りできるようにこの鍵を渡しておく。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • 万が一に備えて遺書めいたものを誰かに渡しておくべきだろうか。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 私は部屋を出るときに厳重に錠をおろしてきたから、その鍵を君に渡しておく。 モーパッサン・ギ・ド『世界怪談名作集』より引用
  • でも、どうしてかこれをあなたに渡しておくべきだと思った。 牧野修『屍の王』より引用
  • じゃかまわないから置き手紙を婆やというのに渡しておいてくださいまし。 有島武郎『或る女』より引用
  • そしてそれをケリーに渡しておいて、ソロたちには地図を見せた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『12 消えた怪飛行船』より引用
  • そう告げて、手元にあった同窓会名入りの封筒を和美に渡しておいた。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • 次へ »