渋か

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 「そんなことをしちゃいけないような気がしたんだ」と渋い顔で答える。
  • 同意を求めて、国王の側近を見ると、彼は渋い顔をして首を横に振った。 ...
  • それに比例して党に寄せられた寄付金もこれまでになく渋い額となった。 ...
  • 息子さんたちの話を聞きたいんだが、というと、小池老は渋い顔をした。 ...
  • シュヴァリエは渋い顔をし、眼を見ると何か企んでいるのが読みとれた。 ...
  • そう思ってロレンスがしぶい顔をすると、店主は続けて言葉を向けてくる。 ...
  • そのとても渋い苦みは、それに馴染みのない者たちには衝撃的だからだ。 ...
  • お父っつぁんは娘のあたしが言うのも何んだけど渋い、いい喉をしていたの。
  • 身を起こし、そばに置かれた《客室サービスのご案内》を渋い顔で見た。
  • 渋いという如き、美への標準語を持っている国民は東洋にも他にはない。 ...
  • 千晴は五百万円と言おうとしていたので、相手が意外に渋いのを感じた。 ...
  • 今日は胸がわりとあいてるシャツの上にジャケット着て、なんか渋いの。 ...
  • ドアをあけたとたん、真正面に渋い顔で腕を組んでいる社長が見えた。 ...
  • さすがに同席している冀小狛が渋い顔をしたが、なにもいえないでいる。 ...
  • これが拳の作品で印刷になった最初であるが、主人はこれにも渋い顔をした。 ...
  • 今日だって、法月さんが呼ばれているのを知ってずいぶん渋い顔をしてたもの。
  • 客は笑った後のため一層渋く見える顔を、その時ゆっくりと少女の方へ向けた。