済まない気持

7 の例文 (0.00 秒)
  • が、無理と知ってて、そういわなくては済まない気持であった。 ...
  • 島崎は肩の荷をおろした解放感よりも、典子に済まない気持のほうが大きかった。 ...
  • 今になって考えれば、姉に済まない気持で、一杯である。 ...
  • 彼女は非常な我儘わがままをしたあとのような済まない気持になりながら、ペーヴメントの角に靴のかかとを立てて、逸作の近づいて来るのを待つつもりでいると、もう行き過ぎて見えなくなったと思った青年が、角の建物の陰から出て来てかの女にそっと立ち寄って来た。 ...
  • 忠夫がつかまって虚偽の告白をしたのは、やはり私に済まない気持があったのと、自分の恥をいいたくなかったからでしょう。 ...
  • 想い出せば、母親に済まない気持になるところだった。 ...