済まない気がする

18 の例文 (0.00 秒)
  • このまま栞子さんが母親と出かけたら、数日の旅行では済まない気がする。 ...
  • お駒を自尊心のだしに使ったということが、済まない気がしていた。 ...
  • 済まない気がして、正勝にはできるだけのことはしてやりたいと思うのよ。
  • 私の心は妙に狭すぎるような気がして、私は歌を歌わずには済まない気がした。 ...
  • 豹一に済まない気がしたかどうかは、ここで述べる筋合のものでもあるまい。 ...
  • それに京へ来たら訪ねようという約束のしてある人もその近くへ上って来ているのですから、済まない気がしますから、そこへも行ってやります。
  • 聞き出せばすぐにその運びにしなければならないのを、怠っていることでも済まない気がする。 ...
  • なんだか源氏に済まない気がする。
  • この三人の男の夢が託されている梅を、離婚の荷物と一緒に持ち帰るのは、三人の男に対して済まない気がするのだ。 ...
  • その憐れな自分の顔を熱心に見詰めたり、または不得意な自分のいう事を真面目まじめに筆記したりする青年に対して済まない気がした。 ...
  • と、思うと何か済まない気がした。
  • ただ心に済まない気がする。 ...
  • 此の順で行くと此年は又去年の元日を読者に御覧に入れなければならん訳であるが、そうそう過去のまずい所ばかり吹聴ふいちょうするのは、如何いかにも現在の己に対して侮辱を加えるようで済まない気がするから故意わざと略した。 ...
  • K・S氏の展覧会の会場の銀座のデパートで、あなたが人中の僕を見て階段の上にたたずんでいらっしゃったのを知り、僕が何故むす子さんの絵を買ったかを云わなければ済まない気がしまして、絶えて久しい手紙を書きました。 ...
  • それと同時に、図々しいYに対しては、私は助かった、という気がしただけでしたけれども、Mさんには何となく済まない気がしました。 ...
  • またそうした先輩達のむちから、いつもかばってくれるコオチャアやO・B達に対しても、ぼくの過失はなお済まない気がします。 ...
  • 先ごろは幼い利己心のため閑却しがちであり、今日では利己心によっていたずらに呼びかけてるその叔母おばにたいして、たいへん済まない気がした。 ...