済まない気

25 の例文 (0.00 秒)
  • このまま栞子さんが母親と出かけたら、数日の旅行では済まない気がする。 ...
  • お駒を自尊心のだしに使ったということが、済まない気がしていた。 ...
  • 済まない気がして、正勝にはできるだけのことはしてやりたいと思うのよ。
  • 私の心は妙に狭すぎるような気がして、私は歌を歌わずには済まない気がした。 ...
  • 豹一に済まない気がしたかどうかは、ここで述べる筋合のものでもあるまい。 ...
  • 私はそのために一層柴田さんに済まない気がしたのでしたから、時間後に更にあやまらうとしました。 ...
  • それに京へ来たら訪ねようという約束のしてある人もその近くへ上って来ているのですから、済まない気がしますから、そこへも行ってやります。
  • そしてまた、そのような青春に背中を向けて今夜も一人で帰って行くだろう豹一に対しても、何か済まない気がするのだ。 ...
  • 私、理窟りくつでは一番あなたに済まない気がいたしますのよ。 ...
  • 聞き出せばすぐにその運びにしなければならないのを、怠っていることでも済まない気がする。 ...
  • それを見るとどう云うわけか、堀尾一等卒の心のうちには、何かに済まない気が起った。 ...
  • なんだか源氏に済まない気がする。
  • この三人の男の夢が託されている梅を、離婚の荷物と一緒に持ち帰るのは、三人の男に対して済まない気がするのだ。 ...
  • その憐れな自分の顔を熱心に見詰めたり、または不得意な自分のいう事を真面目まじめに筆記したりする青年に対して済まない気がした。 ...
  • それを見るとどういう訣か、堀尾一等卒の心のうちには、何かに済まない気が起こった。 ...
  • と、思うと何か済まない気がした。
  • ただ心に済まない気がする。 ...
  • 次へ