済まない性格

21 の用例 (0.00 秒)
  • どんな小さいことであっても、把握はあくしておかなくては気が済まない性格だ。 今野緒雪『スリピッシュ! 03 ひとり歩きの姫君(前編)』より引用
  • 入交は仕事でも、遊びでもトコトンやらなければ気が済まない性格である。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 常に自分が中心でないと気が済まない性格らしいと峰村は察した。 東野圭吾『予知夢』より引用
  • そんなに減っていないとわかっていても毎日確かめなければ気が済まない性格だった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • 私はやる以上徹底してやらなければ気が済まない性格だ。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • ジェダイの伝統に対しては懐疑的であり、またあらゆる事を自分で管理しないと気が済まない性格である。
  • 彼はアクセサリーなどの場所はきちんと決めていて、どんなに急いでいる時でもそこにしまわないと気の済まない性格だった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 常に一流品を好みカメラなら高級なものを20台以上揃えないと気が済まない性格であった。
  • この娘はたぶん、こんなふうに、なんにでも真剣にとり組まないと気が済まない性格なのだろう。 樋口有介『風の日にララバイ』より引用
  • 何事にも徹底しなければ気の済まない性格は、女色の面でも、こうした独得の現れ方をしたのだ。 南條範夫『山岡鉄舟(一)』より引用
  • 昶は入れ物にはラベルをつけないと気が済まない性格だった。 野尻抱介『ふわふわの泉』より引用
  • 入交は何事もトコトンやらなければ、気が済まない性格である。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 物事をはっきりさせないと気が済まない性格の桃花は、曖昧な日本人の態度に最初は馴染めずに苦労する。
  • また、天邪鬼のように物事をあべこべにしないと気の済まない性格で、前のことを後ろ、左のことを右などと言ったという。
  • 銀河は物事に終始と白黒を着けないと気が済まない性格であった。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • 念を押さないと気が済まない性格でね。 樋口有介『初恋よ、さよならのキスをしよう』より引用
  • 幼少期の久三は、豪気な腕白少年で、何をするにも一番にならなければ気が済まない性格だったという。
  • 外から帰ってくると、たいして汚れていなくても、手の皮が擦りむけるほどに石鹸せつけんをつけて洗わなければ気が済まない性格だった。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • 新井木には狩谷の言っていることが皆目わからなかったが、要するに陰険眼鏡はいつでも他人を見下していないと気が済まない性格なんだね、と思った。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • 亥三郎は宇治山田商業学校を卒業後、映画館経営に乗り出し、何事も先に行かねば気が済まない性格から三重県で初めてトーキーの映写機を設置するなど新しい設備を積極的に導入した。

済まない性格 の使われ方