済まないらしい

14 の用例 (0.00 秒)
  • でも、彼が何から何までこのブランドで統一しないと気が済まないらしいんです。 吉村達也『出雲信仰殺人事件』より引用
  • どうもこの男は、一音重ねて言わないと気が済まないらしい。 日明恩『埋み火』より引用
  • 嫌った相手には、どこまでも突っかか っていかないと気が済まないらしい。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • トラックが通れさえすればいいのに、完璧にやり終えないと気が済まないらしい。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • どうも彼女は、今すぐフォロンが起きて朝食の準備をしなければ気が済まないらしい。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 歩く時は、いつも男の肩に寄りっていなければ気が済まないらしく、それがこの少女の魅力みりょくでもあった。 林芙美子『魚の序文』より引用
  • 自分で無事を確かめねば、気が済まないらしい。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 常に本物じゃあないと気が済まないらしい。 高橋昌也『ガンダム・センチネル』より引用
  • めったに泣かない子だけに、いったん泣き始めると、体の中の水分を全部涙にして出し尽くしてしまわないと気が済まないらしい。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • モイラは指環をその銀貨入れの中に入れたので、指環は二重に護られたわけだが、モイラはそれでもまだ気が済まないらしく、そのハンドバッグを更に又、白いてんのマッフの中に押しこんでいた。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • アーヴは地球以来のCGS単位系を引き継いでいるが、なんでも母語になおさなければ気が済まないらしい。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 甲が三つだけ彼を悪く云うと、乙は五つまで、丙は十までと、どんづまりまで悪いだらけにしなければ、気が済まないらしく見える。 宮本百合子『日は輝けり』より引用
  • これは一種の露出狂なのか、婦人科の医者の許へはよくこのての女が来るときいたことがある、何も故障はないのに、月に一度内診台へ上り、見せつけなければ気が済まないらしく、「馬鹿馬鹿しいから、ひねくってやるんだ」と、医者がこぼしていた。 野坂昭如『錬姦作法』より引用
  • 剣士は自分は無関係と気楽に考えていたが、どうやら対岸の火事、高みの見物ではまないらしい。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用

済まないらしい の使われ方